fc2ブログ
ハナちゃん日記♪ 保護犬ハナのつぶやき
3代目ダックスとして捨て犬ハナが我が家にやってきた。お見合いからトライアル、正式譲渡を経て、家族になった。
おひなさま


「はあ〜、よいしょっ! どっこいしょっ! よいこらしょっ!」
 
思いつく限りの掛け声をかけ、おかーちゃんは、今年もおひなさまを出した。
 
「出た出た今年も出たよ〜♪おひなさま〜♪」
 
おかーちゃんは、自分で作ったらしき歌を歌っている。
 
「そんなに気合を入れなきゃ登場しないものなの?」
 
コハルちゃんは、少々呆れ気味である。
 
「一年に一回しか登場しないから、物置のいちばん奥にしまってあるのよ。手前にあるものを全部出さないと出てこないの」
 
「ふ〜ん」
 
「じゃあ、コハルちゃん、モデルさんやってね」
 
おかーちゃんは、これまた滅多に登場しない着物を出してきた。
 
「あら、これ、振袖だわ!」
 
「知らなかったの? ハナちゃんのなのに」
 
コハルちゃんは、またもやお古かとため息をついた。
 
 
初めて見るおひなさまは、微笑んでいた。
 
コハルちゃんも真似をしてカメラ目線で微笑んだ。
 
「オッケー! さすが我が家のモデル犬♡」
 
お駄賃は、これまた滅多にもらえない、ササミ巻き歯磨きガムだった。
 
「おひなさまってごちそうを持ってくるのね」
 
コハルちゃんの中には「おひなさま=おいしい」とインプットされた。

 
 
「年に一回なんて言わずに、毎月来てね〜」
 
撮影が終わったコハルちゃんは、おひなさまを見つめた。
 
「ありがとう♡」
 
内裏様の声が聞こえた気がした。
 
 
右大臣が話しかけてきた。
 
「今夜は、特別に演奏会をしてあげる。子の刻を半刻過ぎたら観に来て」
 
その日の夜中、五人囃子の演奏とそれに合わせて踊る三人官女の姿があった。
 
おかーちゃんと同じだけ歳を重ねたベテランおひなさまの演奏会、チケットは完売らしい。
ごみ箱
031A8046rg360_202402252014441f6.jpg


「やっ、やられたぁ〜!」
 
おかーちゃんの叫び声が家中に響き渡った。
 
「どーしたの?? ぶはははは!」
 
声に驚いて飛んだ来たおとーちゃんは、大笑いした。
 
「フツーのワンになってきたねえ」
 
「冗談じゃないわ! ごみ箱からティッシュを引っ張り出してばらまくなんて! おまけにそこにチーしてあるのよ!
今、お散歩から帰って来たばかりじゃない! どうみても無理やり絞り出した当てチーよ!」
 
ごみ箱の横には、小さな水たまりが出来ていた。
 
「そういえば『ごみ箱ひっくり返し』は、夏芽ちゃんの得意技だったねえ。コハルは、いままでそんなことしたことなかったのに」
 
おとーちゃんは、首をひねっている。
 
「朝ごはんのときに何ももらえなかったからだわ。もう!おかーちゃんは、怒ったわよ!」
 
コハルちゃんは、ハウスに入れられた。大好きな抱っこはお預けである。
 
「だってさ、人間にはワン語が通じないから、主張したいときは、チーするのよ、って声がしたんだもん。誰の声かって? ん〜、あれは、ハナちゃんと夏芽ちゃんかな。そういえば、いちごちゃんも同じこと言ってた」
 
コハルちゃんは、見えない声に導かれてフツーのワンへの道を進んでいる、、、
河津桜


「河津桜が咲いたよ!」
 
毎日、通勤中に土手の桜を気にかけているおとーちゃんが、笑顔で帰宅した。
 
「明日、お散歩の時に足を伸ばしてみましょうか」
 
おかーちゃんが言った。
 
「おとーちゃん、桜ってなに?」
 
「そっか。コハルちゃんは、桜をみたことがないんだね」


 
翌日、足の短いコハルちゃんは桜を目指し、一生懸命に歩いた。
 
桜なるものは、ピンク色だった。
 
「これ、おいしいの?」
 
「う〜ん、花を塩漬けしたりはするけどねえ」
 
「なんで、みんな集まっているの?」
 
「お花がきれいだから見に来ているのよ」
 
「見てどうするの?」
 
おかーちゃんは、コハルちゃんに質問責めにされた。
 
おとーちゃんは、青い空を背景に咲いている桜をうっとりと眺めている。
 
「コハルちゃん、桜、きれいでしょ? ソメイヨシノが咲いたら、いちごちゃんと一緒にお花見しましょうね」
 
おかーちゃんは、楽しそうだ。
 
「どうして桜を待たないといけないのかな? 不思議だなあ・・・」
 
 
 
そのとき、いちごちゃんからテレパシー電話がかかってきた。
 
「あのね、人間ってね、お花の横にごちそうを並べてね、『花より団子だねえ』っていうセリフをつぶやくのを楽しみにしているんだよ」
 
「そうなのね。じゃあ、お花が咲けば、ワンのおやつもその横に並ぶわけね」

コハルちゃんは、お庭をチェックしに行った。
 
「おかーちゃん!お庭のパンジーが満開よ〜。シクラメンも咲いてるわ〜。沈丁花も開花したわよ〜。横にジャーキー並べましょ!」
 
コハルちゃん、お散歩コースのお花リストを作っておやつをねだる作戦を計画中である、、、
ばれんたいんでー

 
コハルちゃんに大福セットが届いた。
 
「わあ〜、京都の和菓子よ! いちご大福でしょ、栗と抹茶クリーム大福でしょ、え〜とそれから、、、」
 
おかーちゃんは大喜びである。
 
「ねえ、おかーちゃん。これ、わたしに届いたんでしょ? いちご大福っていうくらいだから、ワン友達のいちごちゃんからよね?」
 
「そうだけど、、、」
 
「じゃあ、おやつに頂くことにするわ」
 
「え〜と、、、ぜんぶは多いからおかーちゃんが手伝ってあげる!」
 
コハルちゃんは、大福を見ながらため息をついた。
 
「お庭からハナちゃんの声が聞こえたのよ。どうせぜんぶおかーちゃんのお腹の中に入っちゃうって」
 
その時、いちごちゃんからテレパシーメールが届いた。
 
「コハルちゃん。ゲットする方法をふたつ教えてあげる。ひとつはね、ガブって噛み付いて離さないこと。もうひとつはね、当てチー。どっちが効果あるか、試してみて♡」
 
「わたし、歯がほとんどないから、大福に噛みつけそうもないわ。当てチーを選ぶことにする!」
 
コハルちゃん、お部屋をうろうろして、チーの場所探しを始めた。
 
そんなことも知らないおかーちゃん、満面の笑みで、大福を眺めている、、、
富士山


コハルちゃんのおうちには毎年、羊羹という名前の富士山がやってくる。
 
「おかーちゃん、これも富士山なの?いつもお散歩のときに見える山とはちがうみたいなんだけど、、、」
 
「こっちは美味しいのよ。薄いピンクと濃いピンクでしょ、それに茶色。全部味がちがうの」
 
「へえー、富士山って食べられるものだったのね」
 

 
翌朝、お散歩に行ったコハルちゃんは、雪をかぶった真っ白な富士山を食べようとお口を開けた。
 
「えいっ、かぷっ!かぷっ!」
 
大きく開けたお口はむなしく空をつかんだ。
 
「おかーちゃん、届かないわ」
 
「そうね。ちょっと遠いかな。春になったら、わんわん会議で富士山の近くまで行きましょうね。いちごちゃんが待っているわよ」
 
コハルちゃん、春を呼んでみることにした。
 
「ハルさん、ハルさん、早く来て」
 
それを聞いていたおとーちゃん、笑いながら言った。
 
「コハルちゃん、自分で自分のこと呼んでどうするの?」
 
「え〜と、コハルちゃんはハルちゃんを呼んでいるのよ。でもハルちゃんは、コハルちゃんのことでぇ、、、え〜と、え〜と、呼ばれたから、お返事しなくちゃね。は〜い、ハルさんはここで〜す。あれ?ハルはもう来てるじゃない。おかーちゃん、ハルが来たから富士山にいこう」
 

コハルちゃんがいるところには、いつもほっこり、一年中春である。
Happy New Year 2024


ここのおうちには、龍が住んでいる。
 
だけど12年に1回しかお目見えしないらしい。
 
「ちがうよ。24年に1回だよ!12年前は押し入れから出してもらえなかったんだ!」
 
「どうして出てこなかったの?」
 
「おかーちゃんが、ボクの存在を忘れていたんだ!」
 
龍さんは、鼻から煙を出して息巻いた。
 
「だって、12年に1回なんてねえ。誰が押し入れにいるかなんて覚えていられないわよ」
 
おかーちゃんは、しどろもどろだ。
 
龍さんは、お供え餅の代わりに三宝に乗せてもらった。
 
「特別な場所確保ということで勘弁してもらえないかしら」
 
「まあ、いいだろう。ぶぉーー!あちちちち!こげちゃったよ!」
 
口から火を吹いた龍さんは、自分の体が紙なのを忘れていたようだ。
 
「一年の計は元旦にありって、チワワの小太郎ちゃんが言っていたけど、今年も騒がしい年になるのかしら」
 
コハルちゃん、首をかしげてご挨拶だ。
 
「みなさん♡あけましておめでとうございます。今年もコハルちゃんをよろしくね♡」
Merry Christmas
IMG_9797-360.jpg

Merry Christmas🎄

今日は、いちご🍓ちゃんと一緒に「クリスマスワンワン会議」に参加💝

ガーデンプレイスは、ワン🐶でいっぱいだった。

相変わらずの人見知り、じゃない、犬見知りなコハルちゃんは、挨拶に寄って来るワンから逃げまくり、今日のウォーキング必要歩数を稼いだ。

「ああ、これで夕方のお散歩をパスできる。よかったぁ」

ワンも苦手だけど、お散歩も嫌いなコハルちゃん。なぜか、いちご🍓ちゃんとは同じカートに乗っても平気だ。

コハルちゃん七不思議のひとつである。
なめくじさん

 
「これ、なに? お庭の植木鉢の下とかにいるよね? 塩をかけると縮んじゃう子」
 
コハルちゃんの視線の先には、茶色くてニュルッとしたものがいた。
 
「わかった!これ、傘の持ち手に付けておくものでしょ?そうすると間違えて持って行かれないんだってネットに書かれていたわ」
 
いつもおかーちゃんの膝の上でスマホをのぞき見ているコハルちゃんは、情報通だ。
 
 
 
「そういえば、おかーちゃんの傘の柄にはまだいないじゃない。連れて行って付けてあげようっと。おかーちゃん、きっと喜ぶわ」
 
コハルちゃん、右手をそっと伸ばした。
 
「ここに乗ったら、一緒におうちに行けるわよ。傘の持ち手をすみかにしない?」
 
それを見たおかーちゃん、悲鳴を上げた。
 
「コハルちゃんっ! 何やってるの!?」
 
「おうちに来てくれないかなと思って、リクルートしてるの」
 
「しなくていいっ!」
 
「どうして? 傘の柄に住んでもらったら、傘を間違えられることないわよ」
 
「おかーちゃんの傘は、珍しい柄だから、誰も間違えないっ!」
 
おかーちゃんは、あわててコハルちゃんを下ろし、歩き出した。
 
 

「せっかくお誘いしたのにぃ」
 
コハルちゃん、その子があとをついて来ないかなと後ろを振り返りながら歩いた。
 
でも、歩みが遅いその子は1ミリも進んでいなかった。
 
「今度会ったら、また声を掛けてね」
 
なめくじさんは、コハルちゃんに向かってさよならした。
 
コハルちゃんは、手を振る代わりに尻尾を振ってご挨拶した。
 
「バイバ〜イ」
 
さて、おかーちゃんの傘の持ち手に茶色い子が住みつくのはいつでしょうか、、、
まりーごーるど

 
「おかーちゃん、これが紅葉さん?」
 
お散歩途中できれいなお花を見つけたコハルちゃんは、立ち止まった。
 
「これは、ちがうわ。いつも花壇にお花を植えてくれるおじさんがいるの」
 
「じゃあ、この色が黄色?」
 
「これはオレンジ色ね」
 
「オレンジ?昨日スーパーで買ってきた果物のことね」
 
コハルちゃん、いちばん大きそうなマリーゴールドをパクッとお口に入れた。
 
「これは食べ物じゃないのよ!」
 
おかーちゃんはあわてた。
 
「げっ!これ、まずい」
 
コハルちゃんは、吐き出した。
 
「色が同じだったら、味も同じということじゃないのね。じゃあ、どうやったら美味しいものを見分けられるのかしら?」
 
「カア〜、カア〜」
 
頭上の電線に止まっていたカラスさんが答えた。
 
「ゴミ箱をひっくり返して、中に入っているものを全部かじってみることさ」
 
「わかったわ!やってみる!カラスさん、ありがとう」
 
答えを教えてもらったコハルちゃん、帰り道の足取りは一層軽かった。
 
これから起こる惨事を知らないのは、おかーちゃんだけだった、、、
 

 
にんじんさん

 
いつまでたっても大きくならない人参さん、このままだと収穫するまえに葉っぱが全部サラダになってしまいそうである。
 
「人参さん、どうして大きくならないの?」
 
「混みすぎているからよ。おかーちゃんが欲張ってタネをいっぱいまいたの」
 
「でも、お友達とくっついていると、冬でもあたたかいでしょ。大きくなれるんじゃない?」
 
「お野菜には、個人スペースというものが必要でね、狭いと根を広げられないの」
 
「じゃあ、本数を減らせばいいのね」
 
「そうなんだけど。昨日コハルちゃんのおとーちゃんが、人参の葉っぱが硬くなってきたって話してたわ。もうサラダにはしてもらえないかも。ということは、ずっとこのまま過密状態が続くってこと?こうなったらストライキよ!今年は根っこを太らせないことにするわ!」
 
「あら大変」
 
コハルちゃんは、あわてておかーちゃんを呼んできた。
 
「満員電車はいやだって」
 
「どこに電車が走っているの?」
 
おかーちゃんは首を傾げた。
 
「このプランター」
 
「茶色いのが電車に見えるの?」
 
「ちがうわ。人参さんよ」
 
「どうして人参さんが電車なのかしら?」
 
話はだんだんと違う方向へと進んでいった。
 
コハルちゃんには、人参さんのため息とつぶやきが聞こえた。
 
「はあ〜。まったくこのおうちはどうなっているのかしら・・・」